ゴルフ練習(備忘録)1wの打ち方

ラウンドの余韻を残したまま、いつものナガミネゴルフセンターへ。

今日はラウンドで打てなかった1wの練習。
気を付けたことや感じたことを備忘録として記しておきます。

  • ヘッドアップしない方法。前傾したままインパクト、前傾したままのフォローを心がける。
  • 足とボールの位置はやや広め。腕がスムーズに抜けるスペースを作る
  • テイクバックはゆっくり、ゆっくり。「ゆっくりあげて、頭は動かさない」と呟いてから始動する。
  • トップは耳の位置より少し高め。
  • トップまで来たら、振り始めでひじが下がらないように。
  • トップの時の右ひじは地面に対して垂直(右脇を外にあけない。でも絞りすぎない。)
  • トップまでに、コックは完成していなくてもよい(90%くらい。自分の場合)
  • おろすときもゆっくり始動。大事なのはインパクトで芯に当たること。スイングスピードは無視。
  • 右膝の前でコックがリリースされるようなイメージ。
  • リリースは捏ねるのではなく、切るイメージ。
  • 左膝はスエーしないように踏ん張る。ただし、膝がのびきらないように。
  • インパクト後は、ヘッドを低く抑えて、右にフォローを出すイメージ。すくい上げない。

と、うまく打ていた時は、こんな感じで打っていたように思います。
次回は、芯に当たる確率を高めていく練習。

あと、パッティグ・アプローチ練習場が1時間:500円(延長30分ごと100円)ということなので、リーズナブル。
8:30~日没。ボールは練習場で用意されているが、マイボールも可とのこと。

よろしければクリックをお願いします!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする