[ラン]陸前浜街道を走破する計画

少し前から考えている計画。

大学時代の友人が東海道を走ってまして、何年かかけて走破する予定だそうです。

自分も一昨年に小田原~三島を一緒に走りまして「自分も一人でやってみようか」と思った次第です。

なぜ陸前浜街道か?

じゃあ、なぜ東海道ではなく陸前浜街道なのかというと、「経済的な制約(>_<)と終電時間」。

仙台まで300キロとして200キロくらいまでは日帰りできそうです。

東京を経由すると1時間以上ロスするところを、柏・我孫子回りだと節約できます。

さすがに200キロを過ぎてからは宿泊が増えると思いますが、それでも終電時間が遅いのは大きなメリットになりそうです。

陸前浜街道とは?

陸前浜街道はいろいろな呼び方があるようですが、江戸時代の水戸街道、現在の国道6号線と考えて良さそうです。
水戸街道は、江戸時代に整備された五街道ではありませんが、それに準ずる脇街道。

さらに遡れば、律令時代の五畿七道の東海道と推測できます。このあたり、歴史好きの琴線に触れてしまったのです。

スタートとゴール

スタートはやはり日本橋。道路の起点と言えば日本橋ですからね。
ゴールは、一応「仙台」ということにしておきますが、もしかしたら、あまちゃんの久慈当たりまで延ばすかもしれません。

この3月の吉日にスタートしようと考えています。

WordPress for Android から投稿

よろしければクリックをお願いします!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする