[ゴルフ]メモっとかなきゃφ(..)

自慢じゃないが頭は良くないし、近頃は物忘れも激しいのです。そりゃもう昨夜の月食のようなスピードで欠けてます。

てことで、前回の「こんなに思い通りのラウンドは、まずないだろうラウンド」の良かったとこだけメモφ(..)。なんで良かったのかをメモしておかないと、悪い状態からの戻し方がなくなるので。

[adsense]

コソ練のアイアンで実験、気づいたこと

  1. 脇を緩やかに締めながらアドレス
  2. 左腕は伸ばしたまま、右腕もなるだけ伸ばしたままテイクバックにはいる
  3. クラブは上げすぎない。最大でも肩までで。同時に股関節に意識集中。
  4. コックは「最小限」に。これ大事。
  5. インパクトは、意識しない。前述の動作ができていれば、ちゃんとあたるハズ、と思い込む。
  6. ダウンブローからフォローにかけて、右腕が飛球方向に伸びる。
  7. フォローでは、左ひじを腰より後ろに引かない。上のメモの右腕が伸びていれば大丈夫なハズ
  8. フィニッシュは意識しない

コースで意識したこと

  1. 全てのホールでボギーオン狙い。パーオンは禁止ってくらいボギーオン狙い
  2. ドライバーはどこに飛んでもいいけど、3打目は絶対フェアウェイから打つという自分との約束
  3. ボギーオンだから3打目は必ずグリーンオンさせる決意
  4. 3は、残り120~140ヤードの位置で打てるように。
  5. 両ひざを結ぶ線の延長上にカップがある、という意識。
  6. クラブごとの飛距離、ハザードの場所と距離の確認。これ大事。
  7. グリーン周りは誰が何と言おうと転がす。
  8. 転がす時は、転がる距離をイメージ。ピッチじゃない。ラン。
  9. 距離を打ち分けるなんて高等技術はないので、振り幅はなるだけ一定。クラブ選択で距離を調整する。

読み返すと「技術ないなら、可変要素を出来るだけ取り除いて、シンプルに。」てことなんだろね。

よろしければクリックをお願いします!
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする